青ザク制作記〜バンダイ1/144 FGザク

これで3個目

安くて作りやすくて、で、プロポーション抜群のバンダイのFG(ファースト・グレード)のザク。

可動域は、同じ1/144のHG(ハイ・グレード)には及ばないものの、部品が少なく、すぐに組み上がる上に、なにより現代風のテイストが盛り込まれつつも、初期のオリジナルが持つ力強さもきちんと残されたフォルムはなかなか魅力的なガンプラだと思います。

なので、また作っちゃいました、ザク。

シャアザク、量産型ザクに続き、またまたシャアザクを買ってきて、さくっと組んで、今回は青に塗ってみました。

あ、べつにランバ・ラルがじつは乗っていましたというような妄想設定で青にしたのではなく、缶スプレーのキャラクターブルーを使う機会がほとんどないから使っちゃえ!という単純な理由です。

さーっとキャラクターブルーを噴霧したら、青以外のグレーなどの箇所は筆で塗りわけました。

あとは油彩で軽く汚して完成。

凝ったことも、手間もまったくかけることなく短時間で完成させました。

本当は、テカテカなつやありのキャラクターブルーに、つや消しや、半光沢の塗料を上乗せしているので、光沢の調整をするべきなんでしょうけど、面倒なので却下(テキトー)。
早く完成した姿を拝みたかったもので……。

後ろ姿もカッコいいですね。

ギリギリ、なんとかザクマシンガンを両手持ちさせることが出来ます。

贅沢言えば、ヒートホークがついているともっと嬉しいんですけどね。

少し前に作った同じくFGの量産型ザクととともに。

やっぱり、頭部の角があるか無いかだけで、ずいぶんと貫禄が違いますね。

おそらく、また作ると思うのですが、次は何色で塗ろうかな。

記:2020/11/16

関連記事

>>FG量産型ザク制作記
>>旧キット風新キット FGシャア専用ザクを作ります!

ガンプラ

Posted by