カフェモンマルトル

高野雲の雑記帳。音楽・映画・読書・模型。

1/220バイアラン制作記

   

丸っこい1/220スケール

バイアランを作りました。

最近出たHGUCの1/144ではなく、昔、ゼータ放送時に発売された1/220スケールのほうね。

バイアランは、そのルックスが従来のMS(モビルスーツ)とは大きく離れた凶悪なイメージがあるため当時から気になってはいたのですが、1/144でも1/100でもなく、1/220という中途半端(?)なスケールゆえか、あまり作る気が起きなかったんですよ。

でも、作ることにしました。

箱の中はこんな感じです。

ランナー並べてみると、こんな感じ。

以前作った1/144スケールのバイアラン・カスタムに比べると、一つひとつのパーツが小さいですね、当たり前ですが。

ちなみに、説明書。

ジェリドがでっかくレイアウトされていますが、個人的には短い期間に様々なMSを乗り換えてきたジェリドが乗った機体の中では、もっともカッコいい機体なんじゃないかと思っています。

で、あっという間に組み立て完了。

なんか、微妙にシャープな感じがないぶん、逆にユーモラスで可愛いシルエットに感じます。

で、つや消し黒と黒鉄色を交互に吹いてプラ地を塗りつぶしました。

なんとなく、ここらへんにはこの色かなぁ?とアタリをつけながら、ラッカー系塗料を吹いたり、塗装することでより目立つ合わせ目を消したりの作業をしました。

で、最後はタミヤのアクリルミニで塗装して、ふんわり&しっとりな感じを出して完成です。

背中から見るとこんな感じ。

お尻スラスター(?)の丸凹モールドは埋めておいたほうが良かったな……。

武装ペンギンみたいな可愛いらしい後姿です。

面積的にも、やっぱり肩が一番目立つので、ここの部分だけは、薄めたアクリル塗料を何層にも吹き重ねました。

グレーっぽい設定色は無視して、白っぽいカラーを基調にしてみました。

あんまり強そうな配色とはいえませんね。

でも、肩の青は、隠し味の紫がちょっとお気に入りです。

全体的には、パンチが弱く、ボンヤリした仕上がりになってしまったような気がするので、気が向いたら塗りなおすかもしれません。

とりあえず、今回はこの段階で完成!ということで。

記:2020/11/20

関連記事

>>HGUCバイアラン・カスタム 1/144 制作レポート

 - ガンプラ