ベース

サイボウズ株式会社のクラウドサービス・kintone(キントーン)。

筋斗雲ではなくキントーン。

この広告の電光掲示看板が新宿の地下道に掲出されていました。

いろいろなバリエーションがあります。

ベース

トレヴァー・ホーンという人

トレヴァー・ホーンといえば、おなじみバグルスの《ラジオスターの悲劇》の人。

といっても、もう今の若い人には、「ん?バグルス?なんじゃそりゃ?」かもしれませんね(イエスのヴォーカルだった人といっても ...

ベース

親指弾き

ここのところ、エレクトリックベースを弾く際は、親指一本で弾く練習ばかりしています。

昔から、細野さん(細野晴臣)や、スティングが親指で弾いている映像を見るたびに、すげ~、渋い、カッコいい!とため息をついていたのです ...

ベース

What It Is?

息子の誕生プレゼントとして、ジャズベースを買ってあげました。

入門者用の安いやつですが、最近、いろいろな音楽にハマっている息子は、ベースでスラップ(チョッパー)やってみたいんだって。

だっ ...

ベース

KATANASOUND Super Bass Fuzz 重低音 ベース用オクターブファズ

お手入れしないとガリが出る

エレクトリックベースと、アンプだったり、エフェクターだったりの周辺機器は、電気製品でもあるので、時々手入れ ...

ベース

以下の言葉を座右としよう。

・毎日触れる、弾くことが最大の手入れである。
・毎日触れていれば初期の段階での異常・故障に気が付く。

弦高の高さやトランスロッドの調整のための、プラス・マイナスドライバーぐら ...

ベース

マイルス・デイヴィス作曲の代表的ナンバーのひとつに《フォー》という曲があります。

この曲、個人的に私の「鬼門」です。

学生時代から何度かトライしていましたし、実際、人気曲なので、この曲をやろうよと言い出す人は必 ...

ベース

ときどき、ホームページやミクシィなどにアップしている、私が愛用しているベースの写真を見て、

「すごいっすね、しびれるっす」

とメールをくださるベーシストさんがいらっしゃいますが、はっきりいって、

「 ...

ベース

般若心経を書写すれば(写経すれば)、心が落ち着くといいます。

実際、私も何度かやったことがあるので、実感として分かります。

所要時間は、だいたい20分から30分ぐらい。

最初は雑念だらけでも、筆ペン ...

ベース

先日、楽器屋のおにーさんから電話がありました。

彼の声を聞いたら、久々に彼と飲みたくなったので、楽器屋に遊びに行きました。

といっても、シゴトを一段落させてから向かったので、到着したのは、閉店時間の10時の1分 ...

ベース

中古楽器店を訪問

先日、お茶の水の「オールド・ギターガレージ」に行った。

私はいつもこの店でベースを買い、ベースをメンテナンスしてもらっている。
今回は特に目的もないまま、フラリと訪問。

相変わらず、フェ ...

ベース

毎年、我が家の年賀状をデザインしてくださったデザイナー氏と飲んだときのこと。

場所は、西麻布の私がよく行くバー。

音楽の話をしていると、デザイナー氏はママに「雲さんのベース弾いている姿、見たことありますか?」と ...

ベース

バンドではライン直結

私は、人のバックでベースを弾くときは、出来るだけオーソドックスな演奏を心がけている。

邪魔をしない演奏。

もちろん、存在感はあってもいいが、決して周囲を喰うような存在感ではイカン、それなら没 ...

ベース

MALEKKO B:ASSMASTER Germanium

私は、人のバックでベースを弾くときは、出来るだけオーソドックスな演奏を心がけています。

邪魔をしない演奏、存在感はあってもいいけれども、決して周囲を喰 ...

ベース

行き着けの音楽バーが、昨日の夜、ジャムセッションを催すとの連絡を受けました。

急いで帰宅し、飯を食い、寝巻きに着替えた私は、下駄を履いてウッドベースをかついで、深夜に顔を出し、演奏してきました。

ジャムセッショ ...

ベース

RotoSound RS77LD フラットワウンド ベース弦 × 2セット

昨日、ベースの弦を替えました。

エレクトリック・ベースのほうです。

最近はウッドベースばかり触っていたから、そろそろエレキ ...

ベース

椎名林檎&東京事変のバンドオフ会に参加してきました。

楽器が弾け、なおかつ椎名林檎が好きな人たちが大きなスタジオに集って、セッションする会です。

この会は定期的に催されており、私の場合、かれこれ6年ぐらい参加し ...

ベース

下倉バイオリン

ウッドベースの弦を買いに行きました。
もう1年以上張り替えていないことに気が付いたのです。

音色的にはまだまだ行けるとは思うのですが、弦を張り替えないままでいると楽器の本体の健康に良くないのです。