MGライデンザクはロバート・ギリアム大佐機風にしてみます。

前の記事⇒謎キット?MGジョニー・ライデン少佐ザクを作ります。

プレバンでも出ていた「あの機体」の色で

どんなアプローチで作ろうかと考えていたMGの微妙なジョニー・ライデン専用ザクですが、ここは試しに、ロバート・ギリアム大佐が乗った高機動型ザク風のカラーリングにしようと思います。

ロバート・ギリアム大佐は、ジオン公国では第8位の撃墜王なのだそうです。
青と白(黄色っぽい白)のカラーリングは、なかなかスマートでカッコいいですね。

以前、プレバン(プレミアムバンダイ)でも発売されていたようですが、そのことは最近知った(汗)。

どんな感じなるんだろうと、試しに、足先を塗ってみました。

白に青。
青だとどうしてもグフっぽく見えてしまうかもしれないけれども、白がグフっぽくなるのを抑止しているような気もします。

ついでにボディも試しに作って、試し塗り。

ハルレッドの下地に、シーブルー、フィールドブルーをスポンジ塗装。

ま、悪くないんじゃない?と自分なりに感じたので、青と白のザクで制作を進めていきたいと思います。

もっとも、あくまでロバート・ギリアム機「風(ふう)」でいきたいと思います。
途中で気分がかわって、細かな箇所のカラーリングを変えるかもしれませんし、なにしろ、ドムが使っていっるジャイアント・バズがこのキットにははいっていませんですからね。

どうしても、ロバート・ギリアム機風に見せるのは難しいかもしれない。

でも、そんなこといったら、アレだ。ジョニー・ライデン機も、たしかジャイアント・バズを装備していたはず。

それなのに、なんで「ジョニー・ライデン専用機」のこのキットにはジャイアント・バズの部品がないのだろう?

ますます「謎キット」です。

記:2020/06/02

続きの記事⇒MGの高機動型ザクII(R-2型)組み立て・基本塗装完了

ガンプラ

Posted by