スウィングガールズ全体を覆うハッピーなムードが良いのだ

   

先日、このブログにいただいたコメント返ししていたら、むしょうに『スウィングガールズ』を見返したくなってきました。

今回見直したら、これでいったい何度見ることになるのだろう。
ってぐらい、すごく大好きな作品。

今、唐沢寿明と車かなにかのCMで、ビシッとポーズをとっている本仮屋ユイカもこの作品では初々しい。
というか、意外に重要な鍵を握った役なんだよね。

それから、今見ると、標準語っぽい東北弁がかなりテキトーで、それがかえって、この作品に通底する陽性なトーンを増長するのに役立っている感じで好ましい(笑)。

矢口史靖監督の作品、『ロボジー』も『ウォーターボーイズ』もいいし、『ハッピーフライト』も、まあまあ悪くはないのだけど、やっぱり、個人的には『スウィングガールズ』が一番ですね。

ジャズが好きだということを差し引いても。

この映画全体を覆うハッピーなムードのようなものがとてもいいのです。

エンディングのタイトルクレジットもこれまた素敵だし。

created by Rinker
東宝
¥4,878 (2024/02/25 07:10:25時点 Amazon調べ-詳細)

 - 映画