《ウィリー》は快楽秘境の入り口かもしれない~ダーク・メイガス(マイルス)

マイルス・デイヴィスの『パンゲア』は大好きだけど、『パンゲア』ばかり聴いていたため、少し飽きてきたかな?

……という方。

そして、『パンゲア』の、あの「ヤバすごい」テイストのもの、他にない?

……という方。

あります、あります!

『ダーク・メイガス』です。

前半のアル・フォスターのドラムが、

♪ツッパーン! ツッパーン!

の、「例のナンバー」ももちろん鼻血ものですが、どちらかというと後半の《ウィリー》がカッコ良いのでオススメしたいです。

何がカッコ良いか?

まずは、テンポ。

すでにこれは、上質なファンクではないですか。

マイケル・ヘンダーソンの重たいベースが腰を直撃。

うーむ、腰がウネウネとうねるぜ!的な快楽境地。

そして、♪パオーン!とはいってくるマイルスのラッパも痺れ痺れのテトロドトキシン!
w(゜ロ゜;w

モワりと湯気が立ちまくるピート・コージのギターも怪しいですね。

《ウィリー》は、意外と身近にある「快楽秘境」の入り口なのかもしれません。

そして、恐る恐る足を踏み入れて、慣れ親しんできたころには、もう後戻りができない泥沼混沌ワールドの住人になっていたりして。

記:2015/12/15

>>ダーク・メイガス/マイルス・デイヴィス

ジャズ

Posted by