菊地成孔・大谷能生『憂鬱と官能を教えた学校』

ジャズを聴くだけではなく、演奏もしている人は、読んでおくと何かとタメになるかもしれない本。

自己のスタイルを見つめなおし、歴史の座標軸の中での自分の立ち居地を確認するキッカケになるかもしれませんね。

ま、そんな難しいことを考えなくても、そして楽器やってない人でも、すいすい読めてしまうはず。

とにかく面白い。

分厚いが、一日かけて一気読み可能!

音楽本

Posted by