ドラゴンのT-34/85を作ります!

ドラゴンの1/35スケールのT-34を作ります。

またもやT-34。

昨年から、けっこうT-34を作ることが多いような気がしているのは気のせいなのでしょうか?

まあいいのだ、ドラゴンのT-34を作るのは初めてだから。

例によって、履帯はポリエチレン製や、ポリスチレン製のものではなく、一枚一枚組み立て式のもの。

この組み立て式履帯は、相変わらず苦手なんですが、ドイツ戦車ほど枚数が多いわけでもない上に、サイズも大きめなので作りやすいはず。
練習だと思って頑張って作ろう。

箱のイラストを見ると、赤い旗を振って凱旋帰国みたいな感じの情景が描かれていますが、キットにはフィギュアはついていません。

戦車本体のみですね。

それでも、キットの中身は、タミヤのT-34に慣れていると、かなりパーツの数は多めに感じますね。

ランナーを並べてみると、こんな感じ。

ぐにゃりと曲がったランナーもあります。

組み立て説明書のサイズも大きめで、まあ、これは他のドラゴンんのキットもそうなのですが、デカール貼りの指定だけのぺライチの紙もあります。

どれにしようか迷うところですが、いままで見たことのなパターンとして、砲身にデカールが貼られているバージョンがありますね。

このバージョンが面白そうだから作ってみようかなと今のところ考えています。

前回手がけたドラゴンの戦車は、ドイツのクーゲルブリッツでしたが、これは見事に失敗。

今回はそのようなことのないよう、注意して作っていきたいですね。

記:2020/05/25

続きの記事⇒T34/85 色彩「十変化」

関連記事

>>失敗!クーゲルブリッツ(ドラゴン 1/35)

模型

Posted by