音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

失敗!ガンダム デスサイズヘルカスタム制作記

失敗!ガンダム デスサイズヘルカスタム制作記

箱の外と箱の中

店頭で見かけたパッケージのデザインがなかなかカッコ良かったので思わず購入。

箱買い、というよりは「パケ買い」ですな。
「ジャケ買い」にひっかけるのであれば。

ま、そんなことはどうでもいいんですが、、ちなみに『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』は、まだ観ておらず、まあそのぶん逆にヘンな先入観とかコダワリなしで作れるかもですね。

さて、制作にとりかかりましょう。

やっぱり塗装します

今回は、素組みをした後は、つや消しトップコートを吹いて、軽くウェザリングをしたら、もうそれで完成!という流れでいこうと考えていました。

しかし、いざ組み始めたら、ちょっとプラプラ感が強いのですよ。

※プラプラ感:プラスチックプラスチックした感じ

胴体。

脚部。

バイアランを思い出す脚部はともかくとして、ボディに関しては、いずれにしても最低限、部分塗装は必要。

であれば、全面塗装しちゃえ!ということで、今回も頭のテッペンから、トンガリつま先まで塗ることにしまーす。

ポリキャップ素材の手

マニピュレーターは、ポリキャップのランナーにあるんですよね。

つまり、マニピュレーターは、ポリキャップ素材。

そのまま上からアクリル塗料を塗ってもいいんだけど(今回はタミヤのアクリルミニでいこうと思っています)、こすれるとすぐにはがれそうなので、ここは軽くサーフェイサーを吹いておいたほうが良さげですね。

というわけで、マホガニーのサーフェイサーを軽くぷしゅっと吹きました。

乾いた後の重ね吹きはする必要なさそうです。
軽く一回だけ。

塗装

一気に組立てと基本塗装をしてしまいました。

すべて2度塗りです。

黒い部分は、NATOブラック⇒NATOブラック+パープル。
グレー部分は、オーシャングレー2⇒オーシャングレー+フラットホワイト
白い部分は、ロイヤルライトグレー⇒ロイヤルライトグレー+フラットホワイト
ビームシザーズの柄は、明灰白色
胸のダクトと顔のアゴ部分は、フラットレッド⇒フラットレッド+クリアオレンジ
顔のアンテナは、フラットイエロー⇒フラットイエロー+フラットホワイト

すべてタミヤのアクリルミニを筆塗り。

羽の部分の赤は、成型色の上にクリアオレンジを薄く塗り重ねています。

パーツ紛失、失敗!

全体を塗ったところまではよかったのですが、その後がいけなかった。

油絵の具を使い、全体的にグラデーションをかけていたんですね。

で、油絵の具って乾くのが遅いから、分割した各パーツにネコの手(持ち手)をつけて、しばらくベランダに陰干ししていたんですよ。

1週間くらい経って、そろそろいいかな?と組み立てようとしたら、あれれ、頭部に接着した黄色いV字型アンテナのパーツが紛失している!

接着までしたのに、どこかにポロリして、風か鳥にでも持っていかれたかな?!

V字アンテナがスッポリと取れた顔のなんともシマリのないことよ……。

あと、油絵の具が乾いた全体の色調をみると、どうもグレーっぽくボンヤリと濁った感じがして、いまひとつパンチというかメリハリがないんですよね。

というか、汚い……(涙)。

遠くから全身を見れば、わりとカッコいいんですけど……。

しかも、片方の肩に取り付けた白いパーツ(ガバドンの赤ちゃんみたいなパーツ)が欠けてしまっていた。

あやや、これは失敗ですな。

後姿は、それなりにサマになっているんだけどね。

リペアしてもいいんだけど、さらに、アンテナのパーツのみバンダイから取り寄せてもいいんだけど、次に作りたいキットが控えている。

うーむ、しばらくジャンクボックスに寝かせておきましょう。

記:2019/07/21

続き:完成!顔面のV字型アンテナを発見!ガンダムデスサイズヘルカスタム、ようやく完成

ガンプラカテゴリの最新記事